トピックス
最近、ヘルパンギーナが周囲や園で流行しています。
これはエンテロ属のウィルスが喉に感染することによって起きる病気で、夏かぜの一つです。
高熱がでたり、口内炎ができて食事が食べにくくなったりするのが主な症状です。
診察では喉の奥に白っぽい水疱がみられるのが特徴です。
ウィルスなので特効薬はなく、5〜7日程度で自然によくなります。
そのため熱でつらい場合は冷やしたり、解熱剤を使い、喉が痛くてご飯が食べれない間は味が薄くて柔らかい食事を与えたり、水分補給を心掛けましょう。
登園は、熱が下がって、食事がふつうに食べれるようになれば大丈夫です。